三菱東京UFJ銀行カードローンの申込みは24時間365日いつでもインターネットですることができます。

ただし、その場でカードを発行してほしい場合はテレビ窓口というところで申込む必要があります。

このテレビ窓口はATMコーナーなどに設置されていて、営業時間が決まっています。

基本は平日9:00~20:00、土曜・祝日10:00~18:00、日曜10:00~17:00となっていて、設置場所によっては時間が異なる場合があります。

また、営業時間終了直前の場合は翌日の営業時間に手続きする場合もあったり、受付時間、審査状況によってはその日のうちにカードを受け取れない場合もあるので気をつけましょう。

借入れ・返済の場合だと銀行ATMだけでなくコンビニATMも利用できるので営業時間を気にする必要はなくなります。

その場合は銀行ATMの時間外利用の手数料・コンビニATM利用手数料は必要なくなります。

ただし、ATMの場合だと利用限度額は50万円までとなるのでそれ以上の額の場合は営業時間内に窓口へ行く、第二リテールアカウント支店という場所に連絡をして利用限度額の範囲を変更させるといったことが必要となります。
お金をどうやって作るか、本当に難しいですね。

三菱東京UFJ銀行カードローンといえば阿部寛さんや戸田恵梨香さんのCMでおなじみですね。

最初は新人OL役の戸田さんが飲み会に行く途中で上司に会いそうになって前もって用意していた傘で「計画的に」回避

2つめは上司役の阿部寛さんが後輩に誘われて行った飲み会で楽しく進めるために「計画的に」席を決め、3つめは2人も交えた飲み会でスムーズに注文するために「計画的な」注文を。

といったように「計画的に」ということを前面にだしたCMを作っています。

三菱東京UFJ銀行カードローンに限らずカードローンを借りるには何よりも計画的に借りる、というのが大事ということです。

他社のCMでも「ご利用は計画的に」など言ってますしね。ちなみにこのCMはYouTubeで見ることができます。

なぜか3話のところに4話があって3話だけ見ることができませんが。

三菱東京UFJ銀行のサイトでは過去のCMのページもありますが、視聴はリンク切れしていて見ることはできず、最新のCMのみが見られるようです。

カードローンの会社では無利息の期間を設けているところがありますが、三菱東京UFJ銀行カードローンには無利息の期間はありません。

その分、低金利・最短即日融資というところで特徴をだしています。

さらにいえば最大500万円まで融資が受けられること、三菱東京UFJ銀行という大手銀行の安心感も特徴といえるでしょう。無利息期間がある、というのはお得に思えるでしょうが長期返済になるとその後の利息はどうでしょうか?

もちろん無利息期間があることでのメリットもあるでしょうが、三菱東京UFJ銀行カードローンの低金利も魅力的ではないでしょうか?

短期間で返せるなら無利息の期間と合わせて多少金利が高くても結果として利子は安くなることもあるでしょう。

ただ、無利息の期間があるということだけで判断するのはとても危険です。

もし途中で乗り換えをしたいと思ったときに審査が不利になってしまう場合もあります。

自分の返済計画と合わせてカードローンの会社を選ぶことが大事だと思います。

三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックでは最短ですとその場でカードを発行してくれるので、すぐに借りることができます。

申込みはインターネット・電話・郵送・テレビ窓口・窓口とありますが、一番審査が早いのはテレビ窓口のようです。

ただし、平日9:00~20:00、土曜・祝日10:00~18:00、日曜10:00~17:00と時間が決まっているので気をつけましょう。

また申込みの時間が遅かったり、審査状況によってはカードの受け取りは後日以降になってしまいます。

インターネットの場合ですと営業時間などは関係なく24時間365日申込むことができます。

借りる金額によって金利が変わり、4.6%~14.6%となっています。

借りることのできる最高金額は500万円で、その場合の金利は最低の年4.6%となります。

10万円以上50万円以下が最高金利となって14.6%です。

借りたい金額がいくらか、その場合は金利がいくらになるか、返済にどのくらいかけると利子がどのくらいになるか、計算して借りるといいでしょう。三菱東京UFJ銀行カードローンは名前の通り三菱東京UFJ銀行の行っているカードローンなので安心感があります。

初めて借りるという人にも安心して利用できるカードローンでしょう。

三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックでは借入れ金額によって金利が引き下げられます。

10万円以上50万円以下だと金利は年14.6% 50万円超100万円以下だと年12.6%

100万円超150万円以下だと年11.6% 150万円超200万円以下だと年9.6%

200万円超250万円以下だと年8.1% 250万円超300万円以下だと年7.1%

300万円超400万円以下だと年6.1% 400万円超500万円未満だと年5.6%

借入れ最高額の500万円では年4.6%

このように段階的に金利が引き下げられています。

借入れが100万円になるまで金利の引き下げがないところが多いようですが、三菱東京UFJ銀行カードローンでは10万円以上50万円以下、50万円超100万円以下で引き下げられているのは特徴のひとつだと思います。三菱東京UFJ銀行カードローンにはマイカードプラスというものもありますが、こちらは限度額30万円までなので金利も14.6%と決められています。

こちらについては限度額が限度額なので借入れ額によっての金利引き下げはなさそうですね。

三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックというものは最短で即日から融資を受けることができます。

バンクイックはパート・アルバイト・学生でも、主婦でも20歳以上なら受けることのできるカードローンです。

申込み方法はインターネット・電話・テレビ窓口・郵送・窓口などがあり、即日融資を希望する場合はテレビ窓口がお薦めされています。

こちらは三菱東京UFJ銀行に口座がなくても申込め、口座を作る必要もありません。

テレビ窓口はテレビ電話でオペレーターと話しながら手続きできるブースでATMコーナーなどに設置されています。

ただし、審査状況や申込み時間によっては回答が数日かかってしまう場合もあるので気をつけましょう。また三菱東京UFJ銀行カードローンにはマイカードプラスというものもあります。

こちらは三菱東京UFJ銀行に口座が必要で、すでにもっている普通預金のキャッシュカードに借入れ機能を追加するというものです。

公共料金やクレジットカードの引き落としのときに残高不足の際に自動で借入れしてくれるというもので、ATMから借入れするということもできます。

ただし、バンクイックを利用している場合はマイカードプラスを利用することはできないらしいので注意しましょう。

過払い請求というのは、法律で定められていた利率よりも高く利息を取られていた利率を正しい利率で計算しなおして払いすぎていた分を返してもらう、というものです。

主に消費者金融やクレジットカード会社に対して行われているもので、三菱東京UFJ銀行カードローンのように銀行が行っているカードローンには適応されません。

というのもこの法律で定められた利率というのが利息制限法というものが元となっていて、三菱東京UFJ銀行カードローンのように利息制限法を超える金利で貸付を行っていないところは過払い請求をすることはできません。グレーゾーンの利率に対して過払い請求はされていますが、今では法改正によってグレーゾーンの金利は違法となっています。

なので大体のところで今の金利は利息制限法内でしょう。

ただし、過払い請求は過去のものに対しても請求できます。

現在が適正の金利だとしても、過去がグレーゾーンの金利なら払いすぎた金利を返してもらい、現在の借金を減らすことができます。過払い請求は10年経過で時効となってしまいます。

もし過払いしている可能性があるなら計算できるWEBツールもありますし、しているようなら司法書士に相談してみるのがいいでしょう。

三菱東京UFJ銀行カードローンで増額を希望したい場合、増額されやすくなるいくつかのポイントがあります。

まず、ある程度のキャッシング利用実績があること。

返済期日を守ってしっかり返済していれば信用が高まりますので増額されやすくなります。

逆に返済期日を守れていないことがあると減額される…といったこともあるので期日はしっかり守りましょう。

乗り換え目的である場合も増額されやすくなります。

これは増額希望だけでなく、新規でローンを組みたいという人にも使える方法です。

他のところで借入れがある場合に乗り換え目的と意思表示されると審査も通りやすくなります。

また、融資は年収の3分の1まで可能となっているので給料が増えればその分融資も増えます。最初の三菱東京UFJ銀行カードローンの審査で決まった額がずっと適応される、ということはないので増額させたいという場合は返済期日を守った返済を繰り返してキャッシング利用実績を積み重ね、信用をあげて増額を希望するというのが一番楽な方法ではないでしょうか。


おまとめ

三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックはいくつかの申込み方法があります。

・インターネットを利用した申込み方法

公式サイトにある申込み用のページからの申込み方法で、これは24時間365日いつでも申込むことができます。

Eメールまたは電話で仮審査の結果が連絡されます。

・モバイルを利用した申込み方法

これはほぼインターネットを利用した申込み方法と同じになります。

・電話からの申込み方法

携帯電話・PHSからも申込め、平日は9:00~21:00、土・日・祝日は9:00~17:00までとなっています。

電話または郵送で仮審査の結果が連絡されます。

・テレビ窓口を利用した申込み方法

ATMコーナーなどに併設されたテレビ窓口を利用する方法で、三菱東京UFJ銀行カードローンの申込み方法で一番三菱東京UFJ銀行が推している方法だと思います。

平日は9:00~20:00、土・祝日は10:00~18:00、日は10:00~17:00となっていますが設置場所によってまた変わるようです。

審査結果はその場で回答されますが、受付時間や審査状況によっては翌日以降に電話か郵送での回答になります。このほかにも郵送・窓口といった申込み方法がありますが、早めに結果が知りたい場合はテレビ窓口がオススメのようですね。

三菱東京UFJ銀行について

三菱東京UFJ銀行は東京三菱銀行とUFJ銀行の合併により2006年1月1日に誕生しました。

元々は2005年10月1日に合併する予定でしたが合併時のシステムの接続作業を万全にするために1年ほど合併を延期しています。

三菱東京UFJ銀行という名の通り、東京三菱銀行を存続会社としているため、本店所在地や金融機関番号も東京三菱銀行と同じものになっています。

東京三菱銀行は公的資金の返還が早く旧4大メガバンクの中でも財務の健全性が強い会社でしたが、不良債権の処理が遅れていたUFJ銀行を統合したため公的資金注入行へと再転落したことがあります。

ただし、これも2006年6月9日に返済を完了させています。UFJ銀行の前身である三和銀行・東海銀行の流れを引き継ぎ大阪市・京都市・堺市・愛知県・名古屋市の指定金融機関となっています。

東京三菱銀行はどこの指定金融機関ともなっていなかったが、東京都の公営企業出納取扱金融機関を請け負っていたことから今もなおもみずほ銀行と同じく引き受けています。

三菱東京UFJ銀行のは三菱東京UFJ銀行コールセンターがありますが、三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックの場合、問い合わせなどにはこちらでなく第二リテールアカウント支店へと掛ける必要があります。

これはバンクイックを取り扱っているメインが第二リテールアカウント支店という場所になるからです。

これから利用しようと思っている人、すでに利用している人で電話番号がかわるので三菱東京UFJ銀行の公式サイトで確認しておくといいでしょう。

どちらも基本的には平日は9:00~21:00、土・日・祝日は9:00~17:00となっていますが、カードの紛失・盗難といったことにはすでに利用している人の専用ダイヤルで24時間365日受付ています。また、三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックを利用している場合だと公式サイトに会員専用のページがあり、ここではカードローンの振込みサービス、利用残高・次回返済期日の確認などができます。

ATMを利用した際にもこれらは確認できますが専用のページで確認できるのも便利ですね。

三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックは三菱東京UFJ銀行のATM、コンビニのATMからキャッシングすることができます。

また、返済についても同様で三菱東京UFJ銀行のATM、コンビニのATMが利用できます。

コンビニATMを利用した場合、平日の8:45~18:00を除いた時間だと利用手数料がかかってしまいますし、振込みをした場合では振り込み手数料がかかってしまいます。

ただし、借り入れ、返済についての利用手数料についてはかからなくなっています。三菱東京UFJ銀行カードローンはバンクイックのほかのマイカードプラスというカードローンもあって、これはすでに持っている普通預金口座のキャッシュカードにキャッシング機能を追加するというものです。

限度額はバンクイックよりも低めで30万円まで。

これは残高不足のときに自動で借り入れしてくれるというもので、公共料金の支払いやクレジットカードの引き落としで役立ってくれるだけでなく、ATMやインターネットバンキングから借り入れもできます。

こちらも三菱東京UFJ銀行のATM、コンビニのATMが利用できます。

三菱東京UFJ銀行カードローンは増枠がしやすいカードローンという評判があります。

三菱東京UFJ銀行カードローンを含め複数から借入している場合、乗り換え目的という意思表示をすると増枠されやすくなります。

これから三菱東京UFJ銀行カードローンで借りようと思っている人で、他のところから借入がある人は乗り換え目的ということを意思表示すると審査も通りやすくなります。

最初から高額な融資だと審査を通るのが難しくなりますが、まずは少額の融資で審査を通るようにして、三菱東京UFJ銀行カードローンを何度か利用し、遅延せずにきちんと返済を続けていると再度審査され増枠する、という場合もあります。

低金利な三菱東京UFJ銀行カードローンを利用する場合、スタートは希望金額に届かなくても使い続けることで増枠されることを期待して計画的に利用するのも1つの手段だと思います。増枠されたからもっと借りよう!ではなくこのくらいなら無理なく返済できる、と無理のないように借りましょう。

無理のない返済プラン、これがなによりも大事です。

三菱東京UFJ銀行カードローンでは「自動支払いでの返済」と「ATMからの返済」の2種類があります。

自動支払いでの返済は別に手続きが必要となるようです。

ATMからの返済は手続きが必要ではなく、この方法が基本となっています。

このATMからの返済は銀行ATMだけでなく、コンビニATMからの返済もできます。

返済に関しては、ATM時間外手数料・コンビニATM利用手数料はかからないようになっています。

銀行ATMでは一部の無人ATMを除いて硬貨を取り扱っています。

対してコンビニATMですと硬貨は利用できませんので、硬貨を使いたい場合は銀行ATMに行かないとですね。また、三菱東京UFJ銀行カードローンの借入についても同様で銀行ATM、コンビニATMどちらも利用することができます。

ATMでの引き出しの利用限度額は50万円までとなっていますが、第二リテールアカウント支店に連絡をすることでバンクイックの範囲内で個別に変更することができます。急に必要になったとき、ちょっと余裕がでて返済にあてたいときなどATMでサッと利用できるのは三菱東京UFJ銀行カードローンを利用するうえで利点に思えますね。

三菱東京UFJ銀行カードローンには「バンクイック」と「マイカードプラス」の2種類があります。

マイカードプラスはすでに持っている普通預金口座のキャッシングカードに借入機能を追加するもので、新しくカードを作ったり切り替えする必要はありません。

これは公共料金の自動支払いやクレジットカードの決済などのときに残高不足だと自動で立替てくれるものです。

もちろんATMやインターネットバンキングなどからの借入も30万円までですができます。

バンクイックは新しくカードが発行されます。

ATMなどに併設されているテレビ窓口を利用すると最短その場で受け取ることも可能です。

審査状況などで受け取りが後日になることもあるそうですが。

日数を要しますがもちろんインターネット、郵送などでも申し込めます。

窓口だと早いけど受付時間の制限があり、インターネットだと時間がかかるけど24時間いつでも申し込めます。

どちらがいい、ではなく自分のライフスタイルに合わせた申込を選ぶのがいいですね。

三菱東京UFJ銀行カードローンで、三菱東京UFJ銀行から解約される場合は以下のケースになります。

・支払日に払わず、催告されてもまだ払わなかった

・保証会社からの中止・解約の申し出があった

・支払いの停止、破産・民事再生手続き開始の申し立てがあった

・手形交換所の取引停止処分を受けた

・債権について仮差押・差押の命令、通知が発送された

・住所変更の届けを忘れるなど借主に原因があり所在が不明なって通知が届かなくなった

・相続の開始があった

・取引規定の違反があった

・届け出た内容に虚偽があったと確認した

これらはローン規定にも書かれている内容で、ちゃんと返済できているなら特に問題になることはほぼ無さそうです。

当然ですが解約されないためにも無理のない返済プランがやはり一番です。また、自分から三菱東京UFJ銀行カードローンの解約をしたいという場合には第二リテールアカウント支店に連絡する必要があります。

インターネットからの解約手続きはできませんので注意です。

当然ですが、三菱東京UFJ銀行カードローンの掲示板での評判は本当にピンからキリまでありますね。

クチコミを読んでみると、審査結果が2~3日で来たという人が居る一方、1週間たっても返答がこないという人もいたり。

早い人は40分くらいとかもあったり。やっぱり急いでる場合は窓口かテレビ窓口がよさげ。

借入断られたって書き込みも見られたけど、そういうのはやっぱりその人に問題がありそう。

他のところで断られたけど、三菱東京UFJ銀行カードローンでは審査通ったって意見もあり。

ただ、対応がひどかったーっていう意見は見られなかった印象かな。

希望額に届かなかったという人も多いようですが、概ね納得している様子です。

匿名の掲示板が多いのでどのくらい信用できるかはイマイチですが。利用している人の意見をみると、やっぱり銀行であることの安心感で利用している人が多いみたいですね。

カードローンを利用しようと思っている人には、安心感と低金利という点でオススメできそうなカードローンだと思います。

最短即日審査ですがあくまで最短。下手をすると数週間かかってしまう場合もあるようなのでそこには注意が必要ですね。

三菱東京UFJ銀行カードローンは名前の通り三菱東京UFJ銀行の行っているカードローンです。

なのでほとんどの都道府県に店舗があり、さらには海外にまで店舗があります。

三菱東京UFJ銀行カードローンは窓口・テレビ窓口からの申込もでき、最短即日というその早さを特徴のひとつとしているのでどこにでも店舗があるというのは申込しやすい環境になるのではないでしょうか。

借入、返済もコンビニATM・店舗ATM・口座からできるので急に借入が必要になった・返済する余裕ができたので返済したいといったときに近くのコンビニATMだけでなく、店舗ATMへ行くという選択肢もでてきます。また、三菱東京UFJ銀行カードローンには第二リテールアカウント支店というものがあり、バンクイックの取引店はこちらになります。返済方法の変更・返済期日の変更・問い合わせなどはこちらに電話連絡するようになっています。

こちらの店舗は東京に1店舗あるだけのようですが、電話連絡がメインなので特に問題はないのかなと思います。

三菱東京UFJ銀行カードローンには「バンクイック」と「マイカードプラス」の2種類があります。

バンクイックは利用限度額が500万円までとなっており金利は年4.6%~14.6%まで。

マイカードプラスは利用限度額30万円までで金利は14.6%までとなっています。

学生・主婦の借入もできますが、学生の限度額が10万円・主婦の限度額が30万円となっているためどちらも14.6%となります。

この数字は、利息制限法上限の18%付近が多い他のキャッシングと比べ、上限が14.6と低い水準になっています。

無利息期間はありませんが、それでも十分に低い金利といえるでしょう。また、三菱東京UFJ銀行カードローンではATMでいつでも返済することができます。

返済日でなくとも返済することができるので、それを利用すれば1日でも早く完済できるので支払う利息を少なくすませることができます。銀行のカードローンのためノンバンクキャッシングサービスよりも審査は厳しくなっているようですが最短即日審査・即日融資も可能なため、まず審査依頼などしてみるのもいいのではないでしょうか。

まず、三菱東京UFJ銀行カードローンでは、審査について公式サイトで明確にされていません。

三菱東京UFJ銀行カードローンは、「バンクイック」「マイカードプラス」の2種類があります。

バンクイックでは、テレビ窓口というものを利用するとその場でカードを発行することができ、土・日・祝日も利用することができます。

また、利用時間外でもインターネットで24時間申し込むことができます。

20歳以上65歳未満なら学生・本人に収入がなく配偶者に収入があるという人も申し込むことが可能になっています。

カードプラスは、すでにもっている普通預金キャッシングカードに借入機能を追加するもので、預金の残高不足を自動的に立替してくれるというものです。主に審査が必要となるのはバンクイックのほうで、三菱東京UFJ銀行カードローンの所定による審査ではなく、アコムの所定で審査されます。

「夜に申し込んだら朝に審査結果がきた」といった審査スピードが早い、銀行ならではの低金利などがあるため初めての人にも使いやすいカードローンになっているでしょう。

テレビゲーム15