三菱東京UFJ銀行について

三菱東京UFJ銀行は東京三菱銀行とUFJ銀行の合併により2006年1月1日に誕生しました。

元々は2005年10月1日に合併する予定でしたが合併時のシステムの接続作業を万全にするために1年ほど合併を延期しています。

三菱東京UFJ銀行という名の通り、東京三菱銀行を存続会社としているため、本店所在地や金融機関番号も東京三菱銀行と同じものになっています。

東京三菱銀行は公的資金の返還が早く旧4大メガバンクの中でも財務の健全性が強い会社でしたが、不良債権の処理が遅れていたUFJ銀行を統合したため公的資金注入行へと再転落したことがあります。

ただし、これも2006年6月9日に返済を完了させています。UFJ銀行の前身である三和銀行・東海銀行の流れを引き継ぎ大阪市・京都市・堺市・愛知県・名古屋市の指定金融機関となっています。

東京三菱銀行はどこの指定金融機関ともなっていなかったが、東京都の公営企業出納取扱金融機関を請け負っていたことから今もなおもみずほ銀行と同じく引き受けています。

テレビゲーム15